SIRIUS

SIRIUS操作説明「通常モード」 エントリーページの作成

SIRIUSの基本構成、トップ・カテゴリー・エントリーから
エントリーページ(個別ページ)の作成方法についてご説明します。

SIRIUS操作手順ナビ
  1. サイト全体の設定
  2. トップページの作成
  3. カテゴリーページの作成
  4. エントリーページの作成 ←今ココ
  5. HTMLサイトを生成する
  6. HTMLサイトをアップロードする

エントリーページの役割

トップページ、カテゴリーページの作成が終わりましたら、
最後にエントリーページの作成方法をご説明します。

SIRIUSの基本は、トップページ、カテゴリーページ、エントリーページの
3つに分かれて構成されます。

エントリーページの役割

エントリーページとは、記事部分のページになります。
少数ページ構成の場合は、カテゴリーページを飛ばして、
トップページから直接エントリーページへも可能です。

 

エントリーページの追加方法

カテゴリーページと手順は、ほぼ同じ手順です。

エントリーページの追加方法

SIRIUSの左側のサイト構成画面で右クリックをして「エントリー追加」を選択します。

 

エントリーページの追加方法

エントリーページを追加すると、
「エントリーページ(個別ページ)の設定」が表示されますので、
ここから個別ページの全体の設定を行う事が出来ます。

※サイト全体の設定、カテゴリーページで説明した項目と同じ物は省略します。

エントリー名(必須)

エントリーページの名前を設定出来ます。
ヘッダーやトップに表示される個別ページの名前になります。

ファイル名(必須)

生成するファイル名を指定します。
これがURLになりますので、必ず半角英数字で指定します。

公開⽇時

エントリーページの公開日時を指定します。

予約投稿を行う

予約投稿を行う場合はチェックを入れます。
『公開日時』を未来の日付にした上で、チェックを入れてください。

公開設定

ページを公開するかどうかを指定します。
発売前の商品など先にページの作り込みが出来ます。

出⼒先

ページの出力先を指定します。
携帯サイトやIPhoneサイトなど個別に出力する場合に使用します。

フリースペース

カテゴリーページにフリースペースを設置出来ます。

フリースペース

 

エントリーページの作成方法

エントリーページ(個別ページ)の設定が終わると、
個別記事ごとにエントリーページを作成します。

エントリーページの作成方法

エントリーページも、基本的にはトップページの作成と同じ要領で行います。

 

記事本文1

インターフェースがかなり初心者向けに考えられており、
無料ブログやword間隔でHTMLサイトを作成出来ます。

記事本文1

改行設定が、<p>、<BR>、<無し>から選択出来ます。
通常は<P>に設定して置くことで自動改行になります。

 

プレビュー

プレビュー

上部のタスクメニューから「プレビュー」をクリックする事で
現在のサイトイメージを確認出来ます。

↓↓↓

プレビュー

簡単にイメージプレビューを確認する事が出来ます。

 

記事部分それぞれを管理する

記事部分それぞれを管理する

記事1~記事10まで管理出来ます。
記事1の中でも管理出来ますが、
区切る事でより細かい設定や管理が出来るようになります。

記事部分それぞれを管理する

 

記事を編集する

エントリーページは上部のタブで管理されており、
右クリックでサブメニューを表示して、「詳細設定」から再調整を行う事も出来ます。

記事を編集する

その他公開日時の設定やプレビューも可能です。

 

エントリーページの入れ換え方法

エントリーページの入れ換え方法

サイドバーの配置などは、
マウスでドラック&ドロップで簡単に配置を換えることができます。

※アップロード後に、この入れ換え作業を行うことも可能ですが、
ソースが荒れてしまいSEO的に不利になります。
必ずアップロード前に行いましょう。

 

以上
SIRIUS操作説明「通常モード」 エントリーページの作成
でした。

 

SIRIUSについてさらに詳しいレビューはこちらです。

↓↓SIRIUSのご購入、申し込みはこちらです↓↓

SIRIUS(シリウス)徹底レビューと豪華特典案内

マメボーwの無料メルマガ購読のご案内

ブ、ブログじゃとても言え無い・・・ マメボーwの稼ぐ裏話をご紹介します。

私自身が壮絶な遠回りと多くの失敗の末に、
現在では、安定して月収100万円以上を稼げるようになったのか?
その戦略的思考を包み隠さず、あなたにお伝えしていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2011年5月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:通常モード

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ