SIRIUS

SIRIUSは、1年経っても売れ続けているHTML作成ツールです。

こんにちは、マメボーwです。

おかげさまで、SIRIUSは発売1年経ちますが、
現在でも、このような感じで売れ続けています。

 

ab00006495

先月ご紹介したサイトアフィリエイト教材からの延長購入と重なったってこともありますが、
しっかりとロングランで売れ続けているツールです。

私から購入してくださった方々、本当にありがとうございます。

SIRIUSは、全体を見ても、常にインフォトップ販売ランキングで
上位にいますし売れ続けている商材ですね^^

今でもしっかりと売れている理由は、
しっかりと開発されているので、コンセプトがしっかりしており

他のHTML作成ツールを比べても機能が圧倒しており、
比べものにならないぐらい、たくさんの使い道があります^^

テンプレート系ですと、媒体によって変わってきますし、
WordPress派やMT派、無料ブログ派などで
属性が別れてしまいますが、

どのブログを使っている方でもHTML作成ツールだけは、
どこかの場面で使用しないと行けないので、
所持しておく必要があります。

そう考えるとアフィリエイトをやっているすべての人は
SIRIUSを手に入れた方が効率が上がるわけですし、

売れ続けている理由がわかりますよね。

1度使った方なら、みんな感じると思いますが、
逆に、何で今まで使わなかったんだろうって思うはずっす^^

それぐらい便利ツールですし、
私もいろいろとツールを使いましたが、

数少ない、期待を裏切らないツールの1つだと思ってます。

SIRIUSと言えば、私も思い入れが深いツールなんですよ。

SIRIUSの先行発売で購入して
即座に一目惚れしましたからね^^

発売前々日ぐらいから超気合いを入れて、サポートサイトや
レビューページを作成し、

たしか徹夜で40時間ぐらいぶっ通しで起きて作業していたはずです^^;

今思えば、あの頃って、まだ副業でしたので、
良くやったよな~って思いますしね。

でも、その気合いの成果が、今なお続いているわけですから、
そのときの40時間の徹夜なんか安いもんです。

これは、Googleの進化なのか、それとも神様が見ているのか?
わかりませんが、

本当に気合い入れたものって、しっかりと反映されるんですよ

本当に、たまに「気持ちワル~~(‘A`)」って思う事があるぐらい
意識が反映したりします。

あれって、なんなんでしょうね~?

自分の成功事例を人に教えて、
同じ方法を実践しても成果が出ないときがあったり
手法はマネできても、意識だけは、伝わらないじゃないですか?

温度差だったり、その紹介する商品への思いによって
文面が変わってくるので、その細かい部分を読み取ってくるんでしょうね。

熱く紹介したときって、
絶対に評価してくれますし、

やらしく狙った記事は、全然反映されなかったりするので、
Google先生はお見通しなんですね^^

これは、いつも言ってますが、
結局、まじめにやった人が絶対に強いということなんですよね^^

ここでテクニックの1つでも紹介できると面白いのですが、
ごめんなさい・・当たり前すぎて、、

でも、何か近道ないかな~って考えている時間があるなら
その分で、1文字でも多く内容が濃い記事を書いた方が

結果的に、長く残るし長く売れ続けることが可能です。

このように言うのは、簡単ですが、
実際にやると、大変ですよ^^

ある程度の専門知識が必要ですし、
その商品への思い入れも必要です。

何より、せっかく詳しくなっても
その商品でコケたら、どうするの・・・ってリスクもあります。

でも、ビジネスってそんなもんだと思ってますし、
リスクがあって、リターンがあるわけで、、
そこまで出来た人がやっぱり強いんだと思います^^

しっかりと記事を書いて、しっかりと質問に答える、

量じゃなくて、少なくても質を上げることを
考えると、やっぱり残ります。

だいぶ話がそれてきましたが・・・・
私は、SIRIUSを購入して、交われた1人ですので、

SIRIUSを検討されている方、不安がある方は、
是非質問などを頂ければ、ご回答します^^

 

SIRIUSについてさらに詳しいレビューはこちらです。

↓↓SIRIUSのご購入、申し込みはこちらです↓↓

SIRIUS(シリウス)徹底レビューと豪華特典案内

マメボーwの無料メルマガ購読のご案内

ブ、ブログじゃとても言え無い・・・ マメボーwの稼ぐ裏話をご紹介します。

私自身が壮絶な遠回りと多くの失敗の末に、
現在では、安定して月収100万円以上を稼げるようになったのか?
その戦略的思考を包み隠さず、あなたにお伝えしていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

あわせてに読みたい関連記事

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ